名古屋市守山区で屋根塗装2

前回の続きになります。

簡単に施工の流れを書いていきます。

1.足場の組み立て

モニエル瓦を塗装をするためには、足場が必要になります。

また高圧洗浄、塗装の際に近隣の家に

泥水や塗料が飛散しないようにする目的もあります。

2.高圧洗浄

塗装する前には、高圧洗浄で汚れ・古い塗装を落とします。

この際非常に多くの泥水、塗膜、砂などが飛散

するのでビニールやブルーシートを使って飛散しないよう注意します。

3.下塗り施工

洗浄をどれだけしても、スラリー層は全て除去するのは難しいです。

ですが、スラリー層が残ったまま、通常の塗料で塗替えをするとほとんどすぐにめくれてきます。

そのため、モニエル瓦には専用の塗料を使います。

NTスラリープライマーという商品です。

1回塗りではスラリー層を固めることはできません。

最低でも2回はNTスラリープライマー塗る必要があります

4.各所補修

棟押さえへの止水コーキングです。(屋根の1番上の部分)

棟押さえは釘で固定されているのですが、その釘周りにコーキングを注入して雨漏り防止処理をしておきます。

他にもクラック(ひび割れ)なども補修し雨漏りを防ぎます。

5.上塗り施工1回目

シリコン又はフッ素塗装を行います。

その他遮熱塗料などもあります。

耐久性が10年いかないウレタン塗料はお勧めできません。

6.上塗り施工2回目

上塗り2回目です。 仕上げ塗りになります。

塗料を薄め過ぎずに濃厚な塗料で塗れば、長持ちします。

7.完工

塗装工事のみの期間としては、約1週間~2週間程度を予定してます(天候により変動あり)

モニエル瓦は、他の屋根の塗替えとは違い、重厚感や上品な仕上がりになります


一覧ページに戻る